【TOEIC試験】Part7での長文対策用の「読解特急シリーズ」はどれがおすすめ?販売中の8冊を比較検討してみた。

TOEIC(L&R)
スポンサーリンク

はい、どうもみなさんこんにちは。Flybirdです。

TOEICの参考書の「特急シリーズ」は、かなり有名だと思います。
中でも、特に「金のフレーズ」はTOEIC受験生なら知らない人はいないのではないか、というくらい、ポピュラーな参考書ですね。

しかし、金のフレーズ以外にも、様々なテキストが出版されています。
中でも、長文読解の問題集としての「読解特急シリーズ」の参考書の購入を検討されている方も多いのではないのでしょうか。

ただ、長文読解の特急シリーズに絞っただけでも、テキストは8種類あります。
そのため、どのテキストが自分に合っているのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

受験生
受験生

「読解特急シリーズ」を買いたいが、何を購入すれば良いか分からない。

私は長文読解(Part7)が苦手だったので、特急シリーズを購入して読解力を鍛えた結果TOEIC900点(Readingは440点)を取ることが出来ました!

そんな私が、長文読解用の「特急シリーズ」に関して、①各テキストの特徴②(得点別)オススメのテキストをまとめました。

テキストを選ぶにあたり、少しでも参考になりますと幸いです。

スポンサーリンク
プロフィール
flybird

●保有資格
・TOEIC905点
・行政書士、宅建、賃貸不動産経営管理士
・日商簿記2級、建設業経理士1級
・FP2級
・ITパスポート など

フォロー&チャンネル登録よろしくね!

前提:「特急シリーズ」のメリット

そもそも、特急シリーズを読解用問題集として選ぶのはどうなの?と思うかもしれません。

そこで、私が思う特急シリーズのメリットを、以下2つ紹介します。

①サイズがコンパクト

長文読解の問題集はほとんどがB5サイズなので、持ち運ぶには不便です。(そもそも、持ち運ぶ用に作成されておりません。)
しかし、特急シリーズは長文読解用でも変わらずA6サイズです。(A6サイズは、大きめのスマホと同じ程度の大きさ)また、紙が薄いので、p数程分量分厚くありません

通勤通学中の電車やバスの中でも、長文問題を解くことが出来ます。

②解説がコンパクト

公式テキスト等は、解説が詳細に記載されていますが、特急シリーズは、全般的に解説がコンパクトになっています。

解説が全くないのも困りますが、逆に丁寧すぎてもメリハリがつきません、適度な量の解説となっているため、効率的です。

特急シリーズ(読解問題対策):書籍の比較検討

新形式のTOEIC試験に対応しているテキストは、現在計8出版されています。

各テキストごとの難易度オススメ度をまとめて見ました。

書籍名発売日問題形式難易度こんな方にオススメタイトル


①初心者特急パート7
2019/12/20全般Part7で約60%正答
(30/54)が目標
詳細を見る


1駅1題 読解 特急
2017/5/30全般普通Part7で約80%正答
(42/54)が目標
詳細を見る


③読解 特急2スピード強化編
2018/2/7全般普通Part7で約80%正答
(42/54)が目標
詳細を見る

④読解特急3 長めの記事編
2022/7/7全般Part7で
満点が目標
詳細を見る


⑤読解 特急4ビジネス文書編
2021/11/5ビジネス文書普通ビジネス文書
問題が苦手
詳細を見る

⑥読解 特急5 ダブルパッセージ編
2018/2/7ダブル
パッセージ
普通ダブルパッセージ
問題が苦手
詳細を見る


⑦読解特急6 トリプルパッセージ編
2020/11/20トリプル
パッセージ
やや難トリプルパッセージ
問題が苦手
詳細を見る


⑧サラリーマン特急 新形式リーディング
2018/4/13ミニ模試普通本番感覚で
問題を解きたい
詳細を見る
※書籍名は略称

以下にて、8冊ごとの特徴を個別に解説していきます。

①TOEIC L&R TEST 初心者特急パート7

このテキストは、長文読解用の特急シリーズの中で、一番難易度が低めに設定されています。

比較的読みやすい文章が多いため、まずは簡単でも良いので、長文をたくさん読むことから始めたい、と考える方にはオススメです。

Part76割(約30/54)全体600~700点を目指す方におススメ

②1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解 特急

このテキストには、難易度が「普通」程度の問題が掲載されています。

最近のTOEIC試験は難化しているので、本試験と比較すると、難易度はやや低めに感じるかもしれません。

本番レベルの問題を解きたい。」と考える方には、本テキストが一番オススメです。

Part78割(約42/54)全体800~900点を目指す方におススメ

なお、私は本テキストを2周したおかげで、Reading440点(合計905点)を獲得出来ました。

ここから満点を目指す場合は、後述する難易度が高めのテキストを用いた方が良いようです。

③TOEIC L&R TEST 読解 特急2 スピード強化編

「スピード強化」とありますが、実際は「②読解特急」のテキストの続編、という位置付けになります。

「②読解特急」を何周も回して、問題を覚えるレベルになってしまったら、次は本テキストを購入するのが良いです。

②読解特急」を解き終えた方にオススメ。
(※Part78割(約42/54)全体800~900点を目指す方におススメ。)

④TOEIC L&R TEST 読解 特急3 長めの記事編

こちら、2022年7月に出版されたばかりのテキストになります。

タイトルにある通り、「長めの記事問題」が多く掲載されています。

1つの文章に対する設問が4〜5個設定されています。(2〜3個問題はなし。)

本試験で出題される記事問題はレベルが高い問題が多いですが、それに合わせて作成されたテキストです。

難しい&長い文章をどんどん解きたい方にオススメです。

Part7及び全体満点54/54または200/200)を目指す方にオススメ。

⑤TOEIC L&R TEST 読解 特急4 ビジネス文書編

このテキストは、本試験で出題される「ビジネス文書」問題に特化したテキストです。

ビジネス文書」に苦手意識を持つ方にはおすすめのテキストです。

ビジネス文書問題を多く解きたい方にオススメ。

⑥TOEIC L&R TEST 読解 特急5 ダブルパッセージ編

本試験では、Q176~Q185がダブルパッセージ(2つの文書が出題される問題となっておりますが、このダブルパッセージに特化したテキストとなってます。

ダブルパッセージ問題を多く解きたい方にオススメ。

⑦TOEIC L&R TEST 読解 特急6 トリプルパッセージ編

本試験では、Q186~Q200がトリプルパッセージ(3つの文書が出題される問題となっておりますが、このトリプルパッセージに特化したテキストとなってます。

トリプルパッセージ問題を多く解きたい方にオススメ。

⑧TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディング

このテキストは、ミニ模試形式になっているので、本番感覚で問題を解きたい方にオススメです。

模試感覚で問題を解きたい方にオススメ。

まとめ:自分が取り組みたいレベルに応じて、テキストを選びましょう。 

はい、いかがでしたでしょうか。

同じ長文特急シリーズと行っても、各テキストごとの特徴は若干異なります。

自分の目標レベルに合わせて、テキストを選んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました