【3か月で合格】勉強時間は?2020年行政書士試験の合格体験記

行政書士試験
スポンサーリンク

どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。

行政書士試験は、いわゆる「難関資格」といえますが、私は幸いにも令和2年(2020年度)の行政書士試験一発合格することが出来ました。

行政書士試験合格するための勉強時間は、一般的に800時間と言われていますので、人によっては数年かかる可能性もあります。

しかし、私は勉強を本格的に開始してから約3か月間の期間で合格することが出来ました。
(なお、私は司法試験受験生のため、法律の知識は一定程度は有していましたので、完全に参考にはならないかもしれませんが。)

みなさんも、できるだけ短期間で合格したいはずです。

受験生
受験生

行政書士試験に短期間で合格できるコツを知りたい。

そこで、私が合格までの3か月間に実施していた勉強内容について、「合格体験記」として掲載します。

合格を目指す方のために少しでも参考になれますと幸いです。

スポンサーリンク
プロフィール
flybird

●保有資格
・TOEIC905点
・行政書士、宅建、賃貸不動産経営管理士
・日商簿記2級、建設業経理士1級
・FP2級
・ITパスポート など

フォロー&チャンネル登録よろしくね!

2020年8月:勉強開始

私が本格的に勉強を始めようと思ったのは、2020年8月頃です。

受験をしようと思った理由ですが、独立したいとか、転職したいとか、そういった気持ちはなく、「今まで司法試験の勉強をしていたこともあり、司法試験はだめだったものの、何らかの法律系の資格は取っておきたい。」と思ったからです。

そこまで強い動機はなかったかもしれません。

司法試験と行政書士試験の類似性

ちなみにですが、行政書士試験の試験範囲は、司法試験の試験範囲とほぼ被っています。

被っている科目

  • 憲法
  • 行政法(地方自治法以外)
  • 民法
  • 商法・会社法
  • 基礎法学(一部)

被っていない科目

  • 地方自治法
  • 一般知識

ですので、正直なところ、新たに学習した科目は地方自治法しかないです。(一般知識は勉強してません。)

とはいえ、行政書士試験は司法試験とは試験の特色に違いがあり、また細かい知識が抜け落ちている部分もあり、法令科目も再度勉強する必要がありました。(特に行政法の条文)

2020年8月:民法の勉強開始。(復習メイン。)

試験勉強を開始したのは、ちょうど試験の3か月前頃になります。

まず、私は民法の勉強から取り掛かりました。

基本的に、司法試験の短答式の民法の問題と難易度は変わらないです。
ですので、司法試験時に勉強した内容を確認する形での勉強をしていました。

ただ、私が受験する年には、「民法改正」があり、改正民法から出題されることが予測されましたので、改正法の部分は新たに勉強する必要がありました。

使っていた教材

使っていた教材は↓の2つです。

民法は行政書士試験だけでなく、宅建等他の試験の出題範囲にもなっていることから、行政書士試験用のテキストを使うというよりは、市販の民法のテキストで内容を理解しても良いと思います。

また、私は法律系の試験を受験する上で心がけていることは、「条文を暗記する」ということです。
そのために、六法全書を使った勉強は効果的だと考えています。

私のように判例六法まで購入する必要はないかと思いますが、「条文集」のようなものを使った学習が効果的ではないかと考えています。

(最近の行政書士試験用の基本テキストは、条文集付きの物が多いんですけどね。(笑))

※記述式対策はしませんでした。

行政書士試験で360点中60点を占めているのが、「記述式」です。

みなさんも記述式のために対策をされているかと思いますが、私は、記述式対策は一切しませんでした。

実際私は記述式対策を全く行いませんでしたが、本番の試験では60点中36点を取ることが出来ました。

ですので、記述式対策はしなくても問題ないと考えています。

記述式対策をしなくても高得点を取る方法に関して、↓の記事で詳細語っております。

2020年9月~10月初旬:行政法(地方自治法含む)の勉強開始。

9月になると、行政書士試験の中で一番配点が高い、行政法の勉強を始めました。

司法試験の時には行政法の細かい知識は問われませんでしたが、行政書士試験では細かい知識まで問われるため、条文の内容を細かく確認しました。

また、私は地方自治法の勉強にもしっかり取り組みました。
(なんとなく、地方自治法は落としたくなかったため。)

地方自治法含め、特に行政書士試験用のテキスト等は使わず、判例六法をメインに、条文の内容を暗記することから始めました。
結果的に、この勉強法が合格に活きたと思います。

2020年10月~試験直前:過去問&直前確認事項の暗記

配点の高い行政法と民法の学習を終えてからは、とにかく過去問を解きつつ、憲法&商法・会社法の細かい知識を埋めていきました。

過去問を解き間違えた問題はチェックを付け、正しい肢、理由を確認するようにはしていました。

また、憲法商法は、試験直前に条文を覚えるだけで点数UPに直結します。
なので、こういった勉強も直前期に並行して行っていました。

※「一般知識」は勉強しませんでした。

みなさんもご存じの通り、行政書士試験には「一般知識」科目がありますが、特に対策はしませんでした。

個人的にですが、一般知識は足切りにかからなければOKだと思っています。それよりもなるべく「法令科目」をメインに取り組むべきだと思います。

↓「一般知識」の対策方法の記事はこちらから!

2020年11月:受験⇒見事合格

そして、運命の2020年11月3日、受験して、無事合格出来ていました。

↓念のため、合格証を載せておきます。

※ちなみにですが、私は186点取れてました。(合格点は180点
科目ごとの点数などの詳細は、↓の記事にて公開しております。

まとめ:初学者でも、とにかく法令科目の勉強を中心にやりましょう。

はい、いかがでしたでしょうか。

私は3か月の勉強(勉強時間も150時間程度)で合格出来ましたが、もともと法律の基礎知識があったので、全部は参考にならないかもしれません。

ただ、一般知識は対策不要記述式の特別の対策は不要等、参考になる部分もあるかと思いますので、よろしければ参考にしてみて下さい!

コメント

  1. […] flybirdの資格Blog 【3か月で合格】勉強時間は?2020年行政書士試験の合格体験記 どうもみなさんこんにちは、Flybirdです。行政書士試験は、いわゆる「難関資格」といえますが、私は幸 […]

タイトルとURLをコピーしました